俳句×川柳 商店街イベント 川柳・俳句コンテストが開催されました。

俳句・川柳コンテストご応募、誠にありがとうございました。

川柳コンテストは、12月18日浅草ビューホテル祥雲の間にて、
俳句コンテストは、12月19日南千住ふれあい館で審査会を実施いたしました。

●川柳コンテスト

グランプリ
 ミニカーを宙に浮かして未来都市 山田友和

準グランプリ
 未来の地手塚オサムの筆の先き 敦子

特選
 行く末は神に任せて今日生きる 本間多美子
 八十路来てたまゆらの恋マスク取り 戸村絹代
 石を投げ池の波紋に明日を見る 紘一

佳作
 SDGSちいさなひかり束にして 吉田誠一
 明日への種を宿した花の芯 宮本彩太郎
 桃色のドレスで古稀の初舞台 松本春佳
 未来図は掌の中にあり宇宙船 路坊
 饒舌に語る爺様二度接種 あらかん
 春三度やっと焼肉つつく仲 白鳥雅敏
 現実を縦糸にして織る希望 和子
 虹色の未来を信じ汽車に乗る 豆の蔓
 相続に火星の土地もふくまれて 赤井慶子
 三回目の正直恋もワクチンも あおちゃん

●俳句コンテスト

グランプリ
 新しきカーテンかける春ふたり 卯夏野心

準グランプリ
 九十も筋肉つくと母の秋 加藤薫

特選
 青空に轍ありけり初燕 喜祝音
 熱を吸い上げてる様な月の白 篠田 理美
 見えぬ先見んとし向かう春嵐 若林清子

佳作
 ためらわぬ客の近さや年の市 一路
 辛いとき笑ってみたら流れ星 小谷野真桜
 うまそうな列に加わる春コート 千振
 一年生名入り鉛筆三ダース 齋藤寿美子
 風車走り出しそな六地蔵 長谷川啓子
 野の春の光に飛べる心地して 櫻井祥香
 青空へ双子声張る今年かな 富士 真すみ
 希望てふ星をみつけし木守柿 路生
 冬浅し募るばかりの旅心 宗像紀子
 跡を継ぐ看板娘小春かな 吉田美智子

受賞者の皆様、おめでとうございます。
またご応募いただいた大勢の皆様、誠にありがとうございました